11月19日より初滑りカナディアンロッキーBanffと26日からは初滑りWhistlerツアーに行ってきました。

Banffは例年並みの降雪量でしたが、裏側のラーチエリアへの通路の積雪が十分ではなかったため、

表側のメインゲレンデでほとんど滑りました。

レイクルイーズはいつもちょっとガスがかかり、なかなか全貌を見せてくれませんでした。
この時期WCの高速系レースの開幕戦が行われるため、残念ながらメインコースは大きく規制されてしまいます。

 

その大会にでる、唯一の日本人レーサー須貝 龍君に会いました。
チーム力が大きくレース結果に影響するダウンヒル系のレースにたった一人で参戦しています。
宿の手配から移動やチューンナップ、体のケアまで全て1人で行っています。
忙しい中、記念撮影に応じてくれました。
何とか結果を出してオリンピックに出て欲しいと思います。

前半は比較的ゆっくりペースでしたが、後半は結構果敢に滑る方が何名もおられました。
年齢層は比較的高いのですが、皆さんとてもパワフルです。

後半はサンシャインビレッジをメインに滑り込みました。
今回は快晴にはなりませんでしたが、例年-20度を下回る厳しい寒さのバンフエリア
ですが、今回はプラス気温もあり非常に暖かく過ごすことができました。
ゆったり派のバンフエリア、慌てず落ち着いて滑る方にお奨めのエリアです。

26日からはウィスラーに移動し、初滑りツアーがスタートしました。
今年のウィスラーは非常にコンディションがよく、
予定よりも早くスキー場もオープンしています。

2010年にPEAK2PEAKができてから、二つのスキー場というより、
ひとつの大きなスキー場になった感じがします。
PEAK2PEAKの力は凄いとあらためて感じました。

ウィスラー組みは、ガンガン滑る皆さんばかり、僕も初日から煽られてしまいました。
移動スピードも速く滑走量が非常に多い方が多かったため、
自分のペースを考えて頂き、2班に分かれて滑る機会が多いツアーとなりました。

また非常に熱心な皆さんが多く、休憩時のアドバイスも常にメモをとる感じで
自らのレベルアップのために、常に変化を求めながら滑る参加者の方ばかりでした。

いつもは春に行くウィスラーですが、クリスマスを前に、街もとてもきれいに
飾り付けられていました。春とは違った非常にきれいなウィスラーですね。

ツアーの様子はFacebookページでも紹介しています。『スキーヤー渡辺一樹』で検索してください。

来年の4月にはカナダ建国150周年記念ツアーということで
技術選最多出場記録更新中の豊野智広君とのツアーを予定しています。
2018年4月7日出発のツアーになります。
詳しいお問い合わせはフェロートラベルさんまでお願いします。

17/18シーズンがスタートしました。
今年は日本も非常に雪が早く、既に良いコンディションのエリアもたくさんあります。
シーズン初めはバランスに注意してゆっくりと滑り出しましょう!