【技術選】地区予選史上最速の苗場での総合滑降

甲信越地区技術選史上、最もスピードが出た苗場/男子リーゼンコース(急斜面)最上部からスタートした2004年の総合滑降。 技術選でレーシングスーツが認められていた最後の年となった2004年、男子リーゼンリフト降り場をスタートに、コース全面を使っての総合滑降。前半スタートの選手は、コースに陽が当たっているため視界は良好でしたが、後半スタートの選手は、陽が陰り小雪が舞い、足元が確認しにくいかなり厳しい状況での競技となった。 最高得点は一番スタートの柏木義之。最もスピードが速かった田島あづみ選手はスーパーG用の205cmのスキーで滑っています。(渡辺一樹Atomic βRace SG195㎝使用) 技術選史上最もスピードが出た総合滑降と言っても過言ではないものと思われます。 DVテープから変化し編集しているため、画質はあまりよくありません。

上達を目指すスキーヤーのためのオンラインスキーレッスン。 レッスン動画に加えLIVE配信で参加者からの質問に直接答える『CYBER SKI LESSON』(渡辺一樹オンラインスキーレッスン)雪上レッスンの優先受付やビデオクリニックも受けられます。 https://cyber-ski.com/lesson2/

Share on facebook
Share on twitter