KAZUKI NOW

【スキー3分速習】#8 ショートターン

3分速習の#8はショートターン(実践的な小回り) スキーのテール側を使い、確実にスピードコントロールしながらも、スキーを積極的に走らせる実践的な小回りの一例です。股関節の動きでスキーを前後に動かし、足首を使いかかとを深く

詳しくは »

【スキー3分速習】#7 ロングターン

スキー3分速習の#7 はロングターン(カービング大回り) カービング的なエッジングによる実践的な大回りです。比較的柔らかい雪の中斜面で積極的にスピードを繋げていくために、意図的にテール側に荷重することでスキーの切れと走り

詳しくは »

【スキー3分速習】#6 プルークターン

スキー速習の#6 滑走プルークとも呼ばれるプルークターン。外スキーのエッジグリップの高まりとともに、身体を回転の内側に位置させていきます。それに伴い内スキーのエッジ角度をフラットからアウトエッジ側に切りかえていくパラレル

詳しくは »

【スキー3分速習】#5 シュテムターン

スキー3分速習の#5は シュテムーン シュテムターンもレベルによってバランスのとり方やスピードコントロールの方法が異なります。ここでは若干詰まり気味のエッジングとなる、比較的レベルが低い段階でのシュテムターンの滑りを紹介

詳しくは »

【スキー3分速習】#8 ショートターン

3分速習の#8はショートターン(実践的な小回り) スキーのテール側を使い、確実にスピードコントロールしながらも、スキーを積極的に走らせる実践的な小回りの一例です。股関節の動きでスキーを前後に動かし、足首を使いかかとを深く

詳しくは »

【スキー3分速習】#7 ロングターン

スキー3分速習の#7 はロングターン(カービング大回り) カービング的なエッジングによる実践的な大回りです。比較的柔らかい雪の中斜面で積極的にスピードを繋げていくために、意図的にテール側に荷重することでスキーの切れと走り

詳しくは »

【スキー3分速習】#6 プルークターン

スキー速習の#6 滑走プルークとも呼ばれるプルークターン。外スキーのエッジグリップの高まりとともに、身体を回転の内側に位置させていきます。それに伴い内スキーのエッジ角度をフラットからアウトエッジ側に切りかえていくパラレル

詳しくは »

【スキー3分速習】#5 シュテムターン

スキー3分速習の#5は シュテムーン シュテムターンもレベルによってバランスのとり方やスピードコントロールの方法が異なります。ここでは若干詰まり気味のエッジングとなる、比較的レベルが低い段階でのシュテムターンの滑りを紹介

詳しくは »