コブの形状とライン取りについて

地元のスキー場のコブは階段状で落差の小さいモノが多いです。
ズラす場所があまりなく、バンクで滑ろうとしても落差が小さい為、はみ出て
しまいます(単に技術が無いだけですが)。
レッスン動画視聴しつつ、地元でコブを滑っていて気付いたことがありましたので
フィーリング的に間違っていないか?をアドバイスいただけると幸いです。

・コブの形状について
 溝の深い部分から出口に向けて上を向いているコブがあります。
 春雪限定かもしれませんが、この形状に合わせてタイミングよく吸収動作と
 トップの上げ下げができるとスピードコントロールができるのではないか?と
 考えてます。

・階段形状の落差の少ないコブについて
 どうしてもライン取りが遅くなるので、(許容範囲内で)次のコブの上を向いている
 部分にスキーのトップを合わせてあげると上手くスピードコントロールできるの
 ではないか?と感じてます。

文章表現が苦手なので上手く伝わらないかもしれませんが、お手すきの時にでも
回答いただけると助かります。